管理人のその時の流行りで記事がかたよること多々あります(笑)コメント・TB大歓迎☆


by shun_hp2er
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2005年 06月 05日 ( 1 )

歓迎ムード!?

自転車でバイト先に向かっている途中でのこと・・・・。

前方に、自転車に乗った男子高校生らしき2人が見えました。
自分の方向に向かってきていたんです。
道幅は自転車なら、余裕を持って3台並走できるくらい。

僕の立場であれば、一般の人なら(これは言い切っていいと思う・・)、道のどちらか端に寄りますよね。普通。
自分も特に考えることなく、左側に寄ろうとしたんですよ。

そしたら、僕から見て左にいた男子高校生が自分と同じ側(彼からすれば右側)に寄ったんです。

「なんだよ(←自分勝手)、じゃあ右側に寄らないとな。」と僕が右側に寄ろうとしたその時です。

僕から見て右にいた男子高校生が、右側に寄ったんです!!

「・・・・・・・・・え?」

今から自分がどちらかに寄ろうとすると、確実に正面衝突してしまう。
自転車で事故なんか起こしたくないし。

そうこう考えているうちに、両サイドに寄った2人の男子高校生との距離が近づいてきました。

「真ん中通るの!?なんでオレが友人同士であるだろう2人の間をわざわざ引き裂いて!?」
「・・・でもそれしかないか、ぶつかりたくないしなぁ、でもなんか・・・・・。」


・・・・・・通過・・・・・・・・。。


その瞬間、僕はその2人の男子校高校生にものすごく歓迎されているような、
自分の内面を覗き込まれたような(大げさ)、エロ本が親にバレた時のような、
もしくはその在り処がすでにバレてしまっているのではないかと思うときのような
(位置の微妙なズレ)、なんともいえない恥ずかしさに襲われました。

通過後、後ろを振りかえると、2人は何事もなかったかのように
すーっと元の隊形に戻っていきました。

「なんで挟まれたんだろう、、歓迎されていたのかな?」(それはない)

恥ずかしさを抑えつつ、こんなことを考えながらバイト先に向かいました。

例えば同じ状況で、2人同時に両側によけてしまう。ってことはあると思うんです。
人それぞれ考えは違うし。

けど、今回の場合は1人が片側によけたのを確認する時間はあったはず。
いや、ありました。

それを承知でもう1人は反対側によけたんです。
うーん、心理的になにかあるのか。。それとも2人の仲が、「入学式の日に少し会話をして
流れで一緒に帰ることになった。」みたいな仲だったのか。

いまだに謎です。
[PR]
by shun_hp2er | 2005-06-05 13:05